大津 一貴

Aspiration Ticket 始めました!!!

はじめまして、大津一貴(オオツ カズタカ)です。

この度、『Aspiration Ticket』をはじめられることを素直に嬉しく思います。HPのホームにも記載した通り、このサイトを通じて沢山の方々に大津一貴という人間の挑戦を知って頂き、交流し、新しい発見へと繋がっていくことができれば幸いです。

 

 

 

現在、海外でプレイをしている日本人サッカー選手は正確な数字を把握できないくらい多くなりました。

それも、CLに出てくるようなヨーロッパの強豪国やサッカーの本場南米ではなく、ヨーロッパの小国や、アジア、オセアニア、または強豪国の下部リーグ等、普段耳にしないような国や地域でも沢山の日本人選手達がプレイしております。

 

自分も去年はそんな大人数の一人でした。

モンゴルのFCウランバートルというチームに所属し、2015シーズン初めて海外に挑戦しました。

はっきり言って、辛いことやきついと感じたことの方が割合で言うと多かったです。

リズム感やフィジカルの強さなどのサッカーの違いは勿論、食生活や文化の違いなどの普段の生活からまるで日本の常識は通じません。

日本での生活がどれだけ恵まれていたのか自分の肌で嫌と言うほど実感しました。

 

 

 

でも、割合は少なかったけど、良かったことや嬉しかったことを味わったときの感覚が、とんでもなく凄いんです。

 

ゴールを取ったときは、体の奥底からドカン!と爆発する音が鳴るくらい興奮する感覚だったり、、、

チームメイトみんなで力を合わせて試合に勝ったときは、90分の疲れが麻痺するくらい嬉しさにあふれる感覚だったり、、、

 

感覚の話しなので、なかなか口では言い表すのは難しいのですが、自分が小さい頃から夢描いていたサッカー選手になると、こんなに凄い感覚を味わうことができるのかと実感した2015年でした。

 

そして、そんな感覚をもう一度、いやもっと上のカテゴリーを目指して沢山味わっていこう!

と思っています。

 

 

 

 

 

 

 

こうまとめると格好良く聞こえますが、現在Aspiration Ticketメンバーの中で唯一所属チームがありません。

 

様々な理由から、昨年所属したFCウランバートルは退団し、移籍先を探しています。

 

そして、新たなチームに所属できるよう、今年の5月にニュージーランドへ行き、トライアウトを受ける予定です。

 

 

 

僕のように、所属チームが無い状況で海外にチャレンジしている日本人選手もまた、沢山居るのが現状です。

 

そんな海外で挑戦するサッカー選手のリアルな現状を、このHPを通じて伝えていくことができればと思っています。

 

僕自身、沢山の夢や達成したいことがあるのですが、まずは5月にニュージーランドに行ってチームを決めること=チーム入団という”Ticket”を手に入れることが一番の目標です。

その為に希望・野心・抱負・向上心=”Aspiration”を持って、日本で良い準備をしていきたいと思います。

 

002

 

athleteyell 大津一貴のファン登録、宜しくお願いします!

 

Aspiration Ticket

 

大津一貴


コメントを残す