日野 健人

海外プロサッカー選手とボールを蹴ろう

12/27(木)Aspiration Ticketの活動として「海外プロサッカー選手とボールを蹴ろう」というイベントを神奈川県平塚市、馬入サッカー場で開催してきました。

普段僕らのようなプレイヤーとボールを蹴る機会のない子供達、保護者の皆様に参加していただき2時間ほどゲーム形式を中心に一緒に汗を流しました。子供と大人のMIX形式で4チーム分けて総当たり、大人同士の試合、子供同士の試合、MVPを決めたり景品も用意したりとイベント全体としては盛り上がったのではないかと思います。

昨年のUMOJA会に続いてAspiration Ticketとしての交流イベント第二段だった今回も、皆様のご協力のお陰で楽しい時間を過ごさせていただきました。まずはここで参加していただいた子供達、保護者の皆様、今回のイベントをサポートしていただいた皆様に御礼を申し上げます。Aspiration Ticket一同、感謝しております。

世代を問わず本気でボール追いかける姿を見て自分の幼かった頃を思い出しました。このイベントの最後にも言わせてもらったのですが、こういった交流の場において、大人が子供から学べることはとても多いです。かっこつけずに、がむしゃらにボールを追いかけること、チャレンジ、一生懸命、味方のために走る、助ける、犠牲になること。そういった姿を見てハッとすることが多々あります。

大人になるにつれて色々なことを知り様々な選択をできるようになっていく中で、どこか打算的になっていく傾向があります。サッカーも少し似ているところがあり、監督やコ-チの顔色を伺いながらプレーしてしまい本来の自分を表現できないという現状がどの世代にもまだまだあるようです。「怒られないように」プレーするサッカーが楽しいわけがありません。

「サッカーは楽しいんだ」と伝えることは、長く現役を続けている選手たちの役目の一つだと思っています。現役だからこそ、そして「海外という少し違った環境に身を置いている僕らだからこそ伝えられるモノ」が僕らにはあります。僕らにやれることをやる。伝え続けていく。

今回のイベントを一つのキッカケとして、これからも様々な活動をしていきます。具体的には今回のようなイベントやサッカー教室、パーソナルトレーニング、講演会などを個人、団体ともに行っています。ご質問やご要望がありましたらぜひお問い合わせ下さい。今後ともよろしくお願いいたします。

        
 

Aspiration Ticket

甲斐友基、美濃村慶太、日野健人、横山翔平




コメントを残す