日野 健人

4月

先週は代表ウィークだったのでリーグ戦は1週空いて先週末から再開。代表ウィークはモンテネグロ対トルコの代表戦を観戦してきました。結果は2-2の引き分け、トルコ代表にはACミランのハカン・チャルハノールがいました。

自分は怪我から練習復帰し、この中断期間も利用してコンディションを上げてきましたが前節もメンバー入りせず。この試合を自分の中で一つの目安にしてきましたが後期リーグ開幕からまだベンチにも入れていない状況です。チームは未だ勝ちなし。

試合に出られない理由を自身の怪我や監督の采配のせいにするのは簡単だと思いますが、全ては自分の責任です。怪我をしたのも自分、プレシーズンからこれといったインパクトを残せなかったのも事実、コンディションもまだ完璧ではないし、監督からの信頼も得られていません。

海外でプレーしていれば理不尽なことや予測できないことが起こります。自分は海外サッカーを始めてから試合に出られない時期というのを経験してこなかったですが実際に今経験してみて感じるのは、この状況をどう打開してやろうかということです。

どんな形かは分からないけど必ずチャンスは来ると思うし、やるべきことを続けて準備をする。やるべきことというのは状況によっては変わるけど、結果によっては左右されないものだと思います。ここを乗り越えられたらまた一つ強くなれると思うし、上手くいかないことにも感謝して諦めず戦います。

Aspiration Ticket

日野健人


コメントを残す