日野 健人

後期開幕

一月中旬予定より少し早くモンテネグロに戻ってからあっという間に時が経ちました。当初予定していたクロアチアキャンプが無くなり、国内キャンプへ行ったかと思えば悪天候により3日で中断。グラウンドが使えずキャンプ地近くの海辺で走ったり、この地域では珍しく雪が積もったり相変わらず何が起こるか分かりません。

個人的には昨年の怪我から復帰しコンディションや感覚を徐々に戻せていましたが開幕3日前の練習で同じところを負傷しました。幸い骨に異常はなかったものの少し厄介な怪我で再びリハビリをしています。去年からイメージしてきた後期開幕戦のピッチに立つことはできず、チームは開幕から1分2敗。

海外サッカーを始めてからこんなに怪我に悩まされるシーズンは初めてで上手くいっていないと言えばそれまでですが、いつだって大事なのは今ここから前を見ることだと思います。この間にサッカーというスポーツをより深く知ることができたし、どれだけサッカーに守られてきたかに気付けたし、ピッチに立つことの有難さを再確認することができました。

明日のことなんて分からないし、昨日正解だったプレーが今日には通用しないこともあります。外国人選手として戦う以上良いプレーをすればヒーローで、悪いプレーをすれば居場所がなくなる。いろいろある中で全ては自分自身の責任で、示すべきものはシンプルに結果です。怪我をしていてはその評価にすら値せず居心地が良いはずはありません。

でもそれはここにいるからこそ感じられる感情です。様々なことを感じ考え向き合えることに感謝しています。慣れや安定、確約などいらないし今が全てだと思います。だからもっと攻めていこうと思うし、常にチャレンジャーで在りたい。それが今自分がここにいる意味でありチームに与えられるものかもしれません。周りのサポートのお陰で怪我の状態は良くなってきているので少しでも早く復帰できるよう全力を尽くし、感謝して戦ってきます。

Aspiration Ticket

日野健人


コメントを残す