美濃村慶太

語学学校とメルボルンについて。

語学学校とメルボルンについて。

 

こんばんは。今日は僕が行っている語学学校とメルボルンについて思うことを書きますが、その前にサッカーのことを少し書きます。

 

開幕が3月末なのであと2ヶ月。
チームに帯同してから夏場でのキツイ練習をこなしています。先週の月曜日、久々に吐きそうなほど走ったおかげでコンディションがさらに上がりました。
加えて先週の金曜から日曜までの三日間でマセドニア系のチームが集まって行われるマセドニアンカップがありました。(日本語でいうマケドニアになります)

この大会は4つのグループリーグに分けられ、それぞれ4チームで構成されて上位2チームが準々決勝へ進む形でした。ウチのチームは初戦が金曜日の21時キックオフだったので家に帰ったのは23時。次の日の試合が12:20からという何とも調整しづらい日程でした。金土で行われたグループリーグを2位で予選突破し、日曜日も全て勝てば3試合の予定でしたが準決勝で敗退してしまいました。とにかく、
他地域のNPLのチームや独立リーグに所属するチームと対戦出来たことは良い経験になりましたね。

 

この三日間は充実してたと思います。どのくらいのサポーターがいてどんな雰囲気で試合が進むのか。やはりアデレードにはなかった雰囲気もありました。マセドニア系の人達が集まっているのも1つの理由にはなりますが、かなり熱いサポーター達がいたのでリーグ戦なんかも試合内容によっては荒れそうです。

 

各州からチームが参加していたので他の州で戦う日本人選手に5人も会いました。話せる時間がほとんど無かったけど、みんなそれぞれの舞台で一生懸命戦う仲間なんだなと勝手に感慨深い気持ちになりました。また違う形で再会できたらいいですね。

 

さて、サッカーの事はここまでにします。

 

僕が行っている語学学校は昨年のアデレード滞在時と同様、ビザ取り学校になります。
ただアデレードと違うのは、月ー木までの四日間で各日16時から20時までの4時間の授業というところです。(アデレードは週2日のトータル16時間ほどの授業でした)
授業もちょっと特徴があって、先生がホワイトボードなんかを使って教える。というものではないんです。
課題を配られてそれをひたすらこなしていく、こなしている間にわからないことがあれば先生が教えてくれる。という感じですね。

 

僕は練習が月曜日と水曜日にあるので基本的に週2日しか授業に出れないので、他の生徒より少し課題を自主的に進めないきゃいけませんが、去年より授業のレベルが1つ上がっているので僕にとってはやはり難しいです。先生に指導されることも多いです。

 

昨日の授業中、3つ目の課題を進めていたんですが
「あなたは元々の英語力はそんなに悪くないけど、そこから伸びてない。他の生徒は課題を進める度に改善されていってるけどあなたは改善されてない。もう少し頑張らないと。」って言われたのはハッキリ理解出来ました。わかってはいたんですけど、久々にここまで打ちひしがれて昨日は落ち込みましたね。笑
ただ、今の先生は本当に熱心に教えてくれます。ビザ取り学校の先生と言えど厳しいです。だけど本気で英語を覚えてもらいたいっていう気持ちがおそらく強いからそうなんだろうと。期待に応えたいですし自分としても英語のレベルをあげたいですからね。

 

で、昨日の授業で感じたこと。
やっぱり僕は感覚派の人間なんだということ。今までのオーストラリア生活でもフィーリングだけの英会話で切り抜けてきました。ボキャブラリーもそんなに無いし持っててもなかなか会話の中で出せない。
もし今後英語を使った仕事、お金を稼ぐっていう風にしたいと思ったら何もかも足りません。
なので、今回の学生生活中にもし自分の英語が上達したと感じられなかったら、英語は諦めようと思います。まったく英語学習をしないわけじゃありませんので悪しからず。
ただ今までこういった風に期間を決めずに英語に対して向き合ってこなかったのが一番悪いので。
この3年、サッカーは充実した一方で英語は伸びてない。僕も今年30ですからそんな流暢に英語を勉強するわけにもいかない。逃げにも聞こえますが、ここでしっかり自分なりの区切りつける。という答えを出しました

 

そのかわり今年はしっかり英語と向き合います。安い学費でもこうして英語をしっかりと学べる環境がある現状を無駄にしないように過ごしていきたいと思います。

 

メルボルンに来て、最初はやっぱりアデレードと比べてしまいましたね。
明らかにメルボルンの方が人も多いし店も多いし、都心だなーって感じです。建物も高いし、アデレードに無いものがたくさんありますね。
まだ街中を散策したり色んな場所に繰り出していませんが、至るところにオシャレなカフェがあって通るだけでもワクワクします。
交通量も多いし、今は自転車で生活していますけどいつ事故が起きてもおかしくないようなシチュエーションが多いです。

 

とにかく賑やか、というのが一番の印象です。
東京に少し似てますね。路地裏にいけばそこそこ汚いエリアもあります。笑
観光客も結構いるみたいなんで色んな言葉が飛び交っているし割とめまぐるしいですね。
何回かトラム(路面電車)に乗ったんですが、アデレードと違って料金が高い。。一回の乗車で約4ドルくらいですね。
MyKeyという電子カードで乗り物の支払いをするんですが、一度タッチしてから2時間は追加料金を払わずにある程度の範囲を乗車出来るんですけど、2時間の間にもう一回タッチしてしまったらまた同じ料金が引かれてしまいます。

 

というように、
日本からアデレードに来た時は日本での常識が通じなかった時と同じで、アデレードで常識だったものはメルボルンで通用しません。

まだまだこれからメルボルンのルールを知っていかないと後々なんらかの問題に巻き込まれるでしょうからね。

 

今回はなんだか情けない内容になりましたけど、これも僕の姿です。笑

 

引き続き応援よろしくお願いします!

 

 

To be continue…

 

Aspiration Ticket

 

美濃村 慶太

 


コメントを残す