大津 一貴

全てのものは2度作られる。1度目は自分の脳、2度目は現実。

日本に帰国してからは、色々な場所へ行き、沢山の人と会っています。

 

ヴィクトワールS.Cの子供達

 

ファルカオ久喜FCの子供達

 

今後もサポートして頂くことになった、ホームテック(株)の髙橋社長、石原部長、櫻井マネージャー

 

ホームテック(株)に全面サポートして頂き開催した、サッカー教室に参加してくれた子供達

 

心理カウンセラー井上さん

 

去年のチームメイトたくみと、偶然近くに居たAspiration Ticketメンバーのミノさん

 

サラリーマン時代の同期

 

 

 

 

写真を撮ってなかったりして、ここに出てきていない人たちも沢山います。出てこなかった人たち、ごめんなさい。

声を掛けて頂いたり、時間を作って頂いたりと、みなさんへ感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この写真を客観的に見て、ふと気付いたこと…

 

 

 

 

 

 

 

数年前の自分からは想像つかない状況だな〜
と思います。

 

 

 

 

子供達からサインを求められたり、自分の言葉で夢の大切さを伝えたり、これからどうなりたいのか自分の言葉で伝えたり、アドバイスを頂いたり、逆に自分の意見を伝えたり…

 

 

 

 

数年前の自分を知っている人は、びっくりしている人もいると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、数年前から大津一貴だけはこの状況を頭の中で描いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病院のベッドの上で点滴を打っていた時も、サラリーマン時代にネクタイを緩めて夜遅く残業していた時も、仕事後に1人黙々とリハビリしていた時も…

 

 

 

プロサッカー選手になって、海外で大活躍して、オフシーズンに日本へ帰国した時はサイン攻めになる姿を、数年前から何度も何度も自分の頭の中でイメージしていました。

 

 

 

だから、僕自身はあまりびっくりしていません。

 

 

やる事をやれば本当に実現するのか!
っていう驚きはありますが…。

 

 

 

 

 

 

それでも、究極の理想にはまだまだ到達していません。

 

勉強不足な自分が居たり、実力不足な自分が居たり、、、

 

究極の理想を実現するにはまだまだ足りない。

 

だから、「まだまだ成長したい!」という意欲があるのも事実。

 

それで良いんだとも思っています。

 

きっと、このままやるべき事をやり続けていけば、究極の理想を実現している自分に到達する。と思っている、もう1人の自分が居ます。

 

そのもう1人の自分は、実際にサラリーマンからプロサッカー選手になることを実現させたので、きっと彼は嘘をつかないはずです。

 

 

 

 

 

これが自分を信じるということだと思います。

本当の“自信”。

この自信があるから、やり続けていくだけです。

もちろん過信はせず、謙虚に。

でも大胆に。

しっかりバランスをとりながら。

でも時にはバランスを考えずに突っ込んでみたり。

臨機応変に。

でも頑固に図太く。

 

 

 

 

 

 

 

さぁ次の自分はどこへ向かうのでしょう。

 

 

決めるのは自分。

 

 

ふとした瞬間に、心の中に居るもう1人の自分と対話する日々です。

 

Aspiration Ticket

大津一貴

athlete yell ファン登録よろしくお願いします!

リフォームプライスのホームテック


コメントを残す