日野 健人

6節、負傷交代

9月9日(土)第6節vsRudar、0-1

左サイドバック、〜45分出場。負傷交代

この日は新監督のもと初のアウェイゲームでした。開始直後からアウェイ寄りのレフリーで荒れた試合展開となりました。前半は押し込まれる時間帯が多かったですが最後のところではやらせずに守れていたし、相手のフォーメーションは3バックでサイドのスペースにチャンスがあると感じてプレーしていました。

しかし前半ラストプレーで相手選手との接触により負傷退場をしてそのまま病院へ運ばれました。診断結果は右足の腓骨骨折でした。復帰まで少し時間もかかるのでしばらくピッチを離れることになります。

海外へ出てから初めての大きな怪我で、自分の中で少しずつ積み上げてきたものや良くなっている感覚もあったので悔しいですが、大事なのは今ここから前を見ることです。マネージャーやチームメイトをはじめ周りの人々のサポートであったり、こういう状況だから気付けることや見えるものもあります。日本でお世話になっている先生やトレーナーの方も対応してくれて良い初期対応ができたと思います。感謝しています。

少しでも場所が悪ければ選手生命に関わる怪我に繋がっていたと思うので運もありました。またこれから先の治療方針等についてはチーム関係者含め相談して決めます。

小さなことかもしれませんがピッチを離れる際会場から観客、サポーターが拍手をくれました。まだここでは終われないと思えたのと、自分自身まだまだ納得のいくプレーや結果を出せていないので強くなって取り返しにいきます。

Aspiration Ticket

日野健人


コメントを残す