美濃村慶太

Napier part.2

お待たせしました。それではネイピアパート2を綴っていきたいと思います。

 

昨日のブログのトップ画にも載せましたが。。。

 

これがオークランドからネイピアまでの移動で乗ったプロペラ機での上空からの一枚です。
どうやらこれはロードオブザリングのワンシーンを彷彿とさせるらしい。
緑いっぱいで素敵でした。

海の景色は良いタイミングが無かったことと、プロペラ機の揺れで取るチャンスを逃しました。

 

 

ホークスベイ空港に到着してすぐに違和感を感じたんですけど、、、

これ、どこぞのサービスエリアより狭い建物だぞ。笑
もちろんこの裏にはただっぴろい滑走路があるわけですが、この写真だけ見ても「空港だな。」とは思わないですよね。
空港内も狭いし売店とかも無かったので、休まずにすぐに移動。

 

1日目の流れは、空港からシティまで歩く→SIMカードを手に入れる→5日分の食材と生活用品を購入→バスで宿まで移動っていうのを予定してました。

 

空港から市内までの距離はおよそ6キロ、1時間の徒歩でした。

 

いやもう正直長時間の移動で疲労困憊で。笑
もちろん僕以外に徒歩でシティに向かってる人間なんて1人もいないわけで。笑

このように、歩道なんかも途中まで無かったんですよ。笑

すぐ横で車はビュンビュン通るし。

 

おまけに最寄りのバス停から1日に午後からの便は3本しか出ていない。
一回10時くらいに反対方向のバスが通って、「なんだよバスあるんじゃないか!」と嘆いたけどシティ方向に向かうバスはシティに着くまで一切通りませんでした。笑
タクシーも全然通らないし、もし通っても途中まで歩いてから乗るのは気が引けるし。

後で調べたら、、、

 

見事に1時間に一本。

そして僕の宿近くの最寄りBayview のバスは7:15、10:30、14:30、16:30、の4本のみ。笑

後日に書きますけど、今日のトライアル日本人会では迷惑かけました。笑

 

 

そしてこの日はたまたまゴミの日だったみたいで。

 

ね。こんなんあり得ます?
袋のまま家の前に置いてある。
ということは日本みたいにゴミを漁るカラスもいないってことですよ。
今思えば野良犬野良ネコも一匹も見てない。鳥もそんなにいないんですよ。いるのは柵に囲まれた広大な土地でのんびりしてる牛と羊です。

 

 

とにかくシティまでの道中の素敵な景色を見て何とか気力を保って闊歩。

ネイピアはどうやら港町のようです。

この近くの芝生に人生二回目となる野ウサギを発見したんですよ。オーストリアで見た以来。
もうめっちゃ可愛くて写真に収めようとしたんですが、さすがに野生なだけあって逃げ足は速かった。。

 

 

こうやってスタンドバイミーな雰囲気を味わえたり、汽車の標識を初めて見れたり。

 

だけど、

もうシティに着く頃にはヘトヘトでした。笑

 

 

シティに着いたのは11:00くらいだったかな。
とりあえず昼飯を食べないとこのままじゃ宿で休むこともできないということで、早く買い物を済ませて食事をしたくて。

でもね、携帯ショップが無いんですよ。
さすがにビックリしました。みんなどこで携帯買ってんだよって。笑
しばらく探してたらスーパーと家電量販店が同じ場所にあったので何とか買い物は済ますことが出来ました。

そのあとも休憩を挟みながら食事をして、その頃にはもう1時前。
バスは1時10分出発だったので急いでバス停へ。

既にバスは到着していたし、何人かは待っていたんですが
僕はもう一刻も早く座りたかったんだけどそのバスが僕の宿近くのバス停に停まるのかがハッキリしていなくて。色々模索していたら一台のタクシーが横に停車していて。これも良い機会だと思ってすぐに乗せてもらい、宿に向かいました。

 

 

車から見える景色も最高で。
運転手のおっちゃんも優しい人で。
色んな話してくれたし。
3日後にまたタクシー使いたいんだけどって言ったら、じゃあ俺に電話してくれ。って言ってくれたし本当に人間性抜群のおっちゃんで。(おそらく明日タクシー使わなくて済むんだけど。笑)

 

で、なんやかんや宿に着いて料金メーター見たら

32ドル。

 

これは、、、高いのか?笑
シティから宿まではおそらく7キロくらい。
日本と同じかちょっと安いくらいか?
けどもはや高いか安いかなんてどうでも良くて、これも社会勉強だと思って。
とにかく早く身体を休ませたくて。笑

おっちゃんに別れを告げて。

 

宿に着いたのは1:30。チェックインは14時からという決まりがある。
もちろん有無をいわさず何食わぬ顔でフロントへ行ったら、フロントのおっちゃんもすぐに案内してくれて。

 

今のところ、ネイピアには良い奴しかいません。笑

バーガーキングの女の子の店員は不愛想だったけど。

 

宿に着いてからは荷物の整理して軽くシャワー浴びてすぐに仮眠を取りました。いやもはや爆睡でした。

 

6時には目が覚めて、夕食を先に作りそのままビーチへトレーニングしに。

 

 

海がとても綺麗で。
上空から既に見えてはいたけど、本当に美しい。

そして砂浜ではなく、石浜でした。
初めてみたなー石浜。というか石浜っていう呼び名で合ってるのかすらわからない。

走ってみたんですけど、砂浜トレーニングとはまた違ったキツさがあって。1日目のトライアルはぬかるんだグラウンドだったので功を奏しました。

 

宿からはグラウンドもビーチも近いのでこの三日間はとても有意義に過ごせたなあ。

 

見たことないサボテンもあったし。

 

そんな感じで1日目はトライアルに向けての準備として使いました。

 

トライアルについては昨日の記事通りです。

 

今日は日中にトライアルに参加した日本人7人のうち、5人集まってサッカー談議やら現地情報やら、それぞれの境遇と過ごしてきた環境をしこたま話してきました。それについてはまた後日書きます。

 

明日のトライアルが終わってから書く時間と余裕が無いかもしれません。

 

兎にも角にも明日に全てが決まって、全てが終わって、全てが始まる。

 

ってな感じでしょうかね。

 

良い時間だなあ。

恵まれてる事を実感するし、感謝を忘れずに。

 

明日も全力で楽しむ。

 

 

それではまた。

 

 

To be continue…

 

 

AspirationTicket

 

 

美濃村慶太

 


コメントを残す