美濃村慶太

Round.4 vs Adelaide United Youth

昨日行われた第4節はホームにAdelaide united youthを迎えた一戦でした。

結果は3-1で勝利。危なげなく勝ち点3をモノにし2連勝。
順位も暫定5位につけています。

Screenshot_2017-03-11-21-12-02_com.gluak.f24_1489229122190

まだリーグも開幕したばかりですが、一つの敗戦が命取り。
シーズンがあっという間なのは誰もが知っている。そういった中で

“いかに冷静でいられるか”
“さらに、いかに勝負強くいられるか”

この辺がポイントだと感じています。

今節も、スコア以上の内容をチームとして発揮することは出来ませんでした。
内容が悪くとも、勝つことをポジティブに捉えるというのは前の記事でも書かせてもらったんだけど、それでも自分たちがやりたい事を上手いこと進められない状況というのはやはりストレスが溜まるようです。今節のトータルスコアは前半の内に3-0で折り返し、後半は0-1。
選手たちは、後半に点が取れなかったこともそうだけどそれまでの過程で上手くやれなかったことにフラストレーションを溜めていましたね。

これはあくまで僕の感覚ですが
他のチームに比べてウチの選手たちはほぼ全員が凄く真面目なんです。だからみんなで修正しようとする。誰か1人が文句をタラタラ言っているという状況はありませんし、監督もそれを許していません。
これだけでも救いがある。

そして真面目過ぎることが作用しているのかわかりませんが、
ウチの選手は熱くなりやすく、また冷静さを欠くことが多いんです。
これは僕にも言えることですが、試合中に冷静さを保つことは本当に難しいです。
冷静でいること。
これって要はメンタル的なモノですよね。

メンタル的なこと。長くスポーツやってると必ず耳にするものです。
良いメンタル状態を保つっていうのも相当難しいです。

いかにして保つか。何が良いメンタルなのか。
これの答えは多分、自分が死ぬ間際くらいに理解出来るモノだと思ってます。笑

話が逸れましたが、ウチのチームも全体的に視界良好という感じではありません。
みんなが真面目だから高いクオリティ求める。ミスをしたくない思いも強い。
そして自分たちがやりたいことを貫いて、試合に勝ちたい。

だけどサッカーはチームスポーツ。
やはり味方の特徴を捉えることも必要だと思うんです。
それをみんなに伝えなきゃいけない。

試合中、見えているものはそれぞれ違います。みんなそれぞれ感じているものがあって、例えばある選手が同じようなミスを起こしている時、その選手にストレスを溜めるんじゃないでしょうか。だけどそういった選手を助けるのも他の選手の役目です。
その選手の良いところは何なのか、それを引き出すために彼がやるべきことを伝えてやるのもチームとして必要なことだし、どういった助け舟を出すかの判断をするのも仕事の一つです。

90分という短い時間の中で勝つためには、そういった部分を修正するだけの力も無いとダメです。シーズンを戦う上では特に。
みんなが同じくらいミスをしている。

だから特定の選手に対してストレスを溜めることも、上手くいってない時にフラストレーションを溜めることもあってはならない。

と、僕は思ってます。
来週の試合までに少しでもチーム状態を良くしないと。

そのためにコミュニケーションを図ることも重要ですね。

まだまだこれから。

次の記事はメンタル的なことについて書かせていただきます。

see u next…

AspirationTicket

 

美濃村慶太


コメントを残す