大津 一貴

写真で振り返るモンゴル~フフホト遠征編~

去年のちょうど今頃は中国の内モンゴル自治区にあるフフホトという町へ遠征に行ってました。

 

そもそもフフホトってどこよ!?って方がほとんどだと思います。

image1 (1)

こんなところにあります。

ウランバートルから、鉄道とバスに乗って片道24時間。笑

ブラジル行った時以来の移動時間です。

どんな田舎でサッカーするんだろ??

そもそも人いるのか!?

なんて思いながら、長~い移動でした。

image7

途中にあった駅。

ユーラシア大陸すげ~!

なんて思いながらこの風景見て鉄道乗ってました。

 

ちなみに鉄道はこんな感じ。

image3

image1

image2

このベットみたいな椅子が寝るところ。

一部屋4人で割り振られてます。

 

 

 

 

 

 

そしてフフホトに着いたらビックリしました。

めっちゃ都会!!!

image6

高層ビルが立ち並んでました。

image10

チームメイトと記念撮影

 

当然、中国なので、町には漢字が沢山。

モンゴルのキリル文字と違って、日本人の自分には文字が読めるのでなんとなく意味が分かった。

※キリル文字→баярлалаа(ありがとう)こんな感じです。

 

image11

バスの案内板

 

image12

マクドナルドでの1枚

モンゴルではマックが無いので、みんなここぞとばかりにマック行ってた。笑

若手の選手の中には、この遠征で生まれて初めてマック食べたって選手もいました。

めっちゃ嬉しそうだったな。笑

 

 

 

 

 

 

移動あわせると10日間ほどの遠征でした。

毎日2部練習で、現地で3~4試合くらいしたのかな。

試合の相手は主に現地の大学生。

image13

 

合宿最後の試合では、相手キーパーのカンフーキックが僕の肋骨に入り、その後2ヶ月くらいはずっと痛かったな。。。絶対折れてたと思う。

モンゴルの強力な痛み止め飲んで試合してたこと思い出しました。笑

image8

その肋骨やられた試合直後の写真。

向かって一番右下で、痛くてふてくされてるのが自分です。笑

 

 

 

 

 

 

練習後の移動中に露店で売られてた自撮棒を発見し、買わずに撮影だけした集合写真で本日のブログを締めたいと思います。

image9

仲良いな。笑

 

 

Aspiration Ticket

大津一貴

 


コメントを残す